ギターフォーム ピックのアングル編 ピックの持ち方

     

     

    かんたんに言ってしまうと

    ピックの持ち方なんて十人十色です!

     

    ただ持ち方によって音色や弾きやすさが

    異なってきます。

     

    出来るだけ力が入り過ぎない

    自然に力が抜ける持ち方が良いと感じます。

     

    基本的には親指と人差し指です持ちます。

     

    中には癖のある持ち方で

    ヴァン・ヘイレンの様に

    親指と中指で持つ人や

    親指と人差し指と中指で持つ方もいます。

     

     

    ピックのアングルについて

    ここで紹介するのは

    大きく分けると下記の3つになります。

     

    ピックのアングルの種類

     

    順アングル

     

     

    メタル順アングルピックの種類0千葉県_旭市_ギター教室_swing_A_room

     

     

    メタル系などはもう少し角度がキツめだったりします。

     

    見た目も攻撃的なアングルですね。

     

    無意識に力を入れない方が良いですが、

    腕から指先まで力を入れて弾いている方も

    見かけます。

     

     

    平行アングル

     

    平行アングル7ピックの種類0千葉県_旭市_ギター教室_swing_A_room

     

    もっともスタンダードで安定した

    オールマイティなピックの持ち方

     

    ジャズ系でも多い様です。

     

    個人的にカッティングなどには

    特に適していると感じます。

     

    角度をつけてある

    逆反りや順アングルの場合

     

    カッティングの際に

    ピックのノイズが邪魔だなぁと感じる方は

    平行アングルにすると

    他に問題点がなければ軽減します。

     

    逆反りアングル

     

    ピックの種類0千葉県_旭市_ギター教室_swing_A_room

     

    親指が逆に反る人がいれば

    反らない人もいます。

     

    かなり癖のある持ち方なので、

    あまりオススメしませんが

     

    もしこのアングルでプレイするなら

    安定したプレイをする上で

    他のアングルなどに変えない方が

    安定しやすいと感じます。(経験談)

     

     

    有名なところで言うとニール・ショーンやサンタナなどが

    逆反りアングルでギターを演奏しています。

     

    旭市ギター教室・swing A room

    旭市ギター教室へお問い合わせ