ギターとベースどっちから始めたらいい?ギターとベースの違い!初心者向けに解説

    ギターとベースどっちから始めたらいい?とよく質問されたりしますので、まとめておきます。

    最近、右奥歯が痛い私の答えは、
    好きな方を始めたらいいと思います。

    と答えると怒られそうなので、

    極力挫折を避けたいと考えるのであるなら
    多くの場合ベースから始めた方が良いです
    なぜなら多くの場合ギターのコード押さえるので挫折するからです。

    またはウクレレから始めた方が良いです。

    あいつにアコギが出来るくらいなら俺にもできると思い挫折する人も結構いらっしゃいます。

    そのくらい多くの人は自己評価高かったりします。
    (なぜ多くの人が自己評価高いかは何度も書いているので割愛します。)

    でも自己評価高い人ほど自信だけはあるのでモテそうですね。
    なんか本や映画、情報商材が売れる原理と似てますね。まさに期待感。見習わなきゃ。

    はい冗談はさておき。

    うぉー音楽めっちゃ好き!楽器を弾く生活を日常化したいと言う初心者の方向けにギターとベースの違いについて解説していきます。

    ギターとベースの違い!

    ギターとベースの違いを考えた時、抱えた時のずっしりとした感じ、長さ、重さ、役割、体に響く振動、他人からの勝手な偏見、心ない誹謗中傷などなど色々ありますが、

    ザックリ言うと
    弦の太さ弦の本数音域が違います。

    太さ本数音域が違います。

    はい。ご一緒に

    太さ本数、音域

    経験値を上げましたね!(挫折しないためには小さな成功を積み重ねる事が大事です。)

    さて、

    ギターは、一般的に弦が6本です。
    ベースは、一般的に弦が4本です。

    近年ですと
    ギターで7弦ギターは見かける事が多くなってきました。

    ベースでも5弦ベースは近年人気のアーティストなどが使用されています。

    他にもギターでもベースでも12弦、24弦など
    そんなに弦を使用するの?と思うくらいの楽器を使用するアーティストもいます。


    通っている方がハマているベーシスト。

    弦の本数が増えると

    弦の本数が増えると
    必然的にミュート(消音)する弦の本数も増えますので、一本一本への思いやりの心が必要になってきますので難易度は上がります。

    人への気配りより弦への気配り!とまで言うと日常生活に支障が出ますので気を付けましょう。

    でも通われている方で上達が早い人と
    焼き肉をみんなで食べた時、滅茶苦茶気配り上手でした。

    ミュートは初心者が軽視しがちですが、
    必要でない音が鳴ってしまっては、
    不協和音になりやすいですので弾かない弦にも気配りが必要です。

    音が綺麗に出せないと言う人は、
    意外と弾かない弦への気配り思いやり!
    ミュートをしていなかったりします。

    ギターの場合は、基本的に複数の弦を弾くことが多いので
    もし初心者でギターを始める場合にはメロディの単音弾きから始めると良いでしょう。

    弦の太さが太いと

    弦の太さが太いと押さえにくくなります。

    エレキギターよりアコギの方が簡単だろうと思って
    挫折する人はアコギの方が弦が太かったりするのを知らなかったりします。

    実際、
    私はエレキから始めてある程度曲も弾けるようになったと思いアコギでコードを弾いたところ。

    バ、馬鹿な
    俺は、、、超エリートだぞ!(自惚れ)
    アコギなんてユルフワな奴が爽やかな顔して弾けるのに
    この俺に!コードが押さえられないわけがない!
    (なんか漫画の見過ぎですね。中学の時なので、、苦笑)

    まさか、、
    これほどまで押さえる力が必要だったとは、思いもしませんでした。

    つまり、
    エレキよりアコギの方が弦を押さえるのが大変なので初心者の段階ではアコギの方が難しいです。(アコギにもよりますが、)

    ベースの弦はギターより太いですが、
    ベースは基本的に単音弾きですので
    ギターと比べると初心者には始めやすいでしょう。

    音域が違うと?音域が違うとは?

    音域が違うとは?どういう事か?
    ザックリ言うと

    ベースは、低いドレミファソラシド
    ギターは、高いドレミファソラシド

    ギターとベースは1オクターブ違いです。

    チューニングもギターの4弦~6弦までとベースの1弦~4弦までのチューニングが1オクターブ違いで同じです。

    まとめ

    やる気があるならギターでもベースでもどちらでも良いと思います。(やる気あると自分で思っていても多くの場合、自己評価高い事が多い)

    すぐに結果が欲しい場合、
    ベースから始めた方が簡単な曲を弾くという目標程度は達成しやすいです。

    それでは時間は有限、良い日々になる様に行動していきましょう!

    旭市ギター教室・swing A room

    旭市ギター教室へお問い合わせ